Pythonの学習サイトを初心者向けに徹底解説!【学習ロードマップ付き】

Python

「最近流行りのPythonを勉強したいけど、どのサイトで勉強すればいいの?」
「色々サイトはあるけど、どういう流れで勉強したらいいのかわからない!」

Pythonを学習し始めた方の中には、こういった悩みを持たれる方も少なくないと思います。

目につく教材全てに次々と手を出そう!と思っても、あまりに情報が溢れすぎてて目的地点が見えなくなってしまう…ということも。

そんな方にオススメしたいのが、以下の3つのステップと、それぞれに対応する学習サイトです。

1.Pythonの基礎的な文法を学ぶ-Progate
2.Pythonを使って問題を解く-Paizaラーニング
3.Pythonで実際に役立つプログラムを書く-Udemy

大まかに上記の3つのステップを順に踏んで学習を進めていくことで、効率よく実用的なレベル、実際に「Pythonを使って役立つプログラムを動かす」レベルまで上げられます。

それぞれのステップにつきどのサイトで勉強すれば良いか、詳しく見ていきましょう。

1.Pythonの基礎的な文法を学ぶ

Python 学習 サイト

ProgateはPython入門者にうってつけ

プログラミングを0から学ぶよ!
Pythonは全くわからない!

こういった方にオススメしたいのが、なんといってもProgateです。

Progateには以下の特徴があります。

・デザインや図が見やすく、非常にわかりやすい
・他のプログラミングの解説サイトにありがちな、小難しい表現を使っていない
・Webサイト上ですぐにコードを書けるので、面倒で複雑な環境構築が必要ない

徹底的に「初学者の方が快適に学べる」という視点に立って作られた学習サイトと言えるでしょう。

全くの0から学ぶ方はProgate一択といっても過言ではありません。

2.Pythonを使って問題を解く

Python 学習 サイト

Progateで一通り基礎的な文法は学び終わったよ!

という方は、次のステップであるPaizaラーニングに取り組みましょう。

Paizaラーニングでは実際に問題を解くことを通じてPythonの肌感覚を身につけることが出来ます。

例えば英語は、いくら基礎文法だけを勉強してもその言葉を使えるようにはなりませんよね。
それはPythonのような「プログラミング言語」でも同じで、Progateで基礎文法を学んだ後は実際にそれを使うことを通じて自分の体に染み付いてきます。

3.Pythonで実際に役立つプログラムを作る

Python 学習 サイト

UdemyのPython学習向けおすすめ講座

この講座は、PythonでExcelとWordの操作を自動化するテクニックについて解説しています。ExcelとWordといえばとても身近なソフトで、実感しやすいですよね。

Python で Excel・Word を自動操作しよう!【Python 初心者が知るべきモジュールの使いこなし方も】
元塾講師プログラマーが教える、Python 初心者のための自動化講座!OpenPyXL・python-docxモジュールを使いこなして、Excel・Wordを自動操作しよう!ご自分の業務にも応用できる「考え方」を「短時間で」習得しましょう。

Pythonで転職・就職を考えているなら、スクールで学ぶのが最適解

Python 学習 サイト

ここまで、「Pythonを実際に使えるレベルになるまで」のロードマップでした。

プライベートでPythonを使いたい!という方は、上記のサイトで学習を進めることで十分目標が達成できます。

しかしそこから一歩先の話になると少々話が違ってきます。

Pythonをできるだけ早く身に着けて、就職・転職活動に繋げたい!という希望を持たれている方は、ここに書いたようなオンライン教材をこなすだけでは不十分です。

既に何年かプログラミングを経験済みで下地がある方は、Pythonもスムーズに身に着けてしまうためスクールに通う必要はないでしょう。

しかし、全くの初心者の方が独学で就職まで全て学ぼうとすると、「ここから先、何をどこまで身につければ就職活動に近づけるの…?」という全体像が非常にぼんやりとしたものになってしまいます。

特に周りにプログラミングについて相談できる人がいない状態でこのような悩みを抱えるのは非常に危険です。

そこで当サイトが推奨するプログラミングスクールが、TECH::EXPERTです。

このスクールは最近YouTubeで人気急上昇中、登録者数30万人overのマコなり社長が運営するプログラミングスクールです。

【堀江貴文×マコなり社長】プログラミングは超絶簡単

一人だと自信がないよ…!という方も、スクール講師の方が情報を提供し、心強い味方となってくれるはずです。

「早めに身に着けていれば、もっと良い会社に就職できたのに…!」といったケースでは、機会損失が何十万円にも登るケースもあります。

エンジニアへ近づく第一歩を、是非勇気を持って踏み出してみて下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました